• トップ

歯科推奨の歯磨きの特徴

歯科医院の歯磨きの特徴

歯科医院専用の歯ブラシ

歯科医院に行って、歯磨きの指導を受けたことのある人は多いでしょう。なんとなく磨いていても、実際はきちんと磨けている人が少ないからです。お口の状態は人によって異なるため、自分に合った歯磨きの方法を知らなければいけません。歯科医院では、患者さんのお口に合った方法を考え、指導してくれます。歯並びが悪いところは、横にゴシゴシ擦っても汚れを取り除くことはできません。歯ブラシを縦にして磨くという特徴を出すことで、きれいに磨くことができます。自分のお口の特徴を知り、それに合った歯磨きが必要になります。また、歯科医院では、歯ブラシ以外の補助具を使うという特徴があります。歯ブラシが届きにくい、歯と歯の間には、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使います。歯の形状と、歯の状態に合わせることで、お口の隅々まできれいに磨くことができます。きちんとした歯磨きをすると、虫歯や歯周病を予防することができます。どちらもお口の病気ですが、進行性のため放置していても自然に治ることはありません。いつまでも自分の歯で噛めるようにするには、毎日の歯磨きをきちんとして、予防することがとても大切になります。抜けたり、虫歯になった歯は二度と戻ることがありません。

↑PAGE TOP

Menu