• トップ /
  • 歯科も推奨している歯磨きの方法

歯科の歯磨きのコツ

歯科も推奨している歯磨きの方法

歯科に通わずに済む歯磨きのコツ

歯科のお世話にはできるだけなりたくないものです。そうなると、やはり大切なのは日頃の歯磨きの仕方です。実際に歯磨きを始める前に、まずは自分の口に合った歯ブラシを選ぶことが重要です。あまり大きな歯ブラシでは奥歯をよく磨けませんし、歯と歯の間に磨き残しができてしまいます。歯科では小さな歯ブラシをよく推奨していますが、口の隅々まできちんとブラッシングするためには、子ども用など小さな歯ブラシが最も効果的です。また、好みで歯ブラシの毛が硬めや柔らかめのものを選ぶ人もいますが、普通がお勧めです。歯科で聞いたことがあるでしょうが、歯磨きのコツとしては、小刻みに歯ブラシを前後させるとよいです。特に歯ぐきと歯の間を重点的にブラッシングするのがコツです。力は入れず、歯ぐきと歯の間にある溝にそっと当てるようにして、歯ブラシを前後させます。まれに歯ぐきを一生懸命にマッサージする人がいますが、これはあまり意味がありません。歯科も推奨する歯磨きのコツは、優しく撫でるようにブラッシングすることです。歯ぐきをブラッシングしてしまうと、場合によっては歯ぐきを傷つけ、出血してしまうことがあります。また、歯の表面部分は軽く磨く程度で十分です。

↑PAGE TOP

Menu