• トップ /
  • 歯科医院の歯磨きの注意点

歯科での歯磨きの注意点

歯科医院の歯磨きの注意点

歯科医院での歯の磨き方

歯科医院に行く前には、いつもより丁寧に歯磨きをするという人が多いでしょう。治療する際に、汚れが残っていると雑菌が入り込んでしまう可能性があるので、磨くのはとてもいいことです。しかし、磨くにあたり、いくつかの注意点があります。まず、歯科医院に行く前だからとゴシゴシ歯磨きすると、間違って粘膜を傷つけてしまうことがあります。傷ついた歯茎はすぐには治りません。場合によっては、傷口がしみてしまうので治療が後日になってしまうこともあります。また、歯科医院では患者さんに合わせた歯磨きの方法を教えています。注意点として、自己流の歯磨きではきちんと汚れを落とすことができません。力任せに磨いても、歯ブラシの毛先が広がるばかりです。歯磨き粉には研磨剤は含まれているので、ゴシゴシ擦ると、歯を削ってしまうこともあります。お口の状態に合わせた磨き方をすることがとても大切です。歯科医院では歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなども使用してお口の中全体をきれいにしていきます。これらの注意点の指導もあるので、安全にきれいにする方法を学ぶことができます。歯を磨く際には、鏡を見て、どこに歯ブラシが当たっているかを確認するのもいい方法です。

↑PAGE TOP

Menu